診療案内

当院では、歯列矯正認定医が、小児矯正及び成人矯正を最新のテクニックを駆使し、最後まで責任をもって治療にあたります。
短期間での歯列矯正を目指すだけでなく、審美的、また機能的配慮も十分に行いながら魅力的な口元をつくり上げていきます。
治療期間中またその後の口腔ケアのメンテナンスプログラムも充実しており、トータルプランで理想のスマイルラインを維持していきます。

歯科矯正による治療が低料金で受けられます

歯並びのことあきらめてませんか?最低トータル¥374,000から(調節料を除く)上下の歯並びを綺麗にすることができます!

施術例 安心の料金

矯正治療=高額というイメージがあると思いますが、当医院ではできるだけ患者様の費用の負担を軽くし(低料金)、さらに分割払いにすることによって、皆様が手軽に歯並びを治していただけるような料金設定にしております。またご納得いただけるまで、矯正認定医によるカウンセリングを何度でも行っております。お気軽にご相談下さい。

上下並びの治療の場合

矯正治療を開始する前の審査・・・・\15,000
1.装置装着料
金属ブラケット装着料・・・・\160,000
※目立たない装置を希望される方は\50,000の加算料でホワイトブラケットに出来ます。
2.各治療ステップ料
矯正治療は大きく分けて以下の4つのステップに分かれます。
歯並びの凸凹をとる・・・・\80,000
6か月後
糸切り歯を後ろに移動・・・・\20,000
6か月後
前歯を後ろに移動・・・・\40,000
6か月後
綺麗な歯並びへの最終仕上げ・・・・\30,000
※各ステップの開始時にステップ料を頂いております
3.調整・基本診療料(約1ヶ月毎)・・・・\2,500
定期的にワイヤー交換が必要な場合があります。その際には\1,900〜\2,300のワイヤー料が別途必要です。
1.保定装置装着料
金属ブラケット装着料・・・・\160,000
上の歯用の装着料・・・・\13,000
2.保定装置調整料(2〜6ヶ月毎)・・・・\2,500
3.歯周資料作成費用
レントゲン・模型・口腔内写真・・・・\4,000

ご気軽にご相談下さい。スタッフ一同お待ちしております。お問い合わせはこちらから


幼児期における反対咬合(受け口)治療のすすめ 〜ムーシールド〜

反対咬合とは不正咬合の一種で下の前歯が上の前歯よりも前方にある咬合状態であり(図@)、一般的に受け口と言われているものです。3歳時にて5%がこれに 相当すると報告されています。

成長とともに、もしくは永久歯の交換により改善される場合もあります。しかし、多くの場合はそのままの咬合状態が維持されるか、さらに悪化します。反対咬合の一番の問題点は審美面でありそれは心理的な劣等感へとつながります。他にも、発音障害、 咀嚼障害などを招きます。

反対咬合の治療には成長の終了を待ってから顎骨を外科的に短くする外科矯正と、骨を切らずに成長期に骨成長をコントロールする方法、ワイヤーにて歯の傾きを変える方法、そしてこれらの複合法があります。症例によっては治療法に選択の余地が無い場合もありますが、早期治療により外科処置を行わず改善できる場合も多くあります。早めに上下前歯の正常被蓋を獲得する事により、下顎骨の過成長を抑制することができます。上の前歯が下の前歯を覆う正常被蓋にすることによ り、下顎骨の成長を上の前歯が押さえてくれるからです。これがないと下顎骨は過成長するリスクが高くなります。

早期治療においても様々な治療方法がありますが、今回はムーシールド(図A)を紹介します。この装置は寝る時のみに装着で反対咬合を改善することができます(図B)。多くの反対咬合症例では口腔内で舌が低位にあり、それにより下顎骨を前方に押し出す力を加えています。このムーシールドにより舌位を正し、口腔周囲筋のバランスを正常にして、上顎骨を正しく成長させ、下顎骨の成長を抑えることができます。ワイヤーなど複雑な装置を装着する必要もなく、使用は就寝中だけでいいので日中は普通に生活ができます。ムーシールドはこの様にとても簡単で効果的ではありますが、対症年齢は6歳ぐらいまでです。時期を逃すとムーシールドは使用できません。他の治療法 を選択しなくてはならなくなります。

少しでも気になる事があれば早めにご相談に来られることをおすすめします。


図@ 反対咬合


図A ムーシールド


図B 治療後 

※すべて当院症例です