赤坂デンタルオフィスからのお知らせ

WHO禁煙指導講習会に行ってきました 河口裕美

UPDATE : 2015/12/16


こんにちは。
街にはクリスマスのイルミネーションが美しく飾られる季節となり、今年も残すところあとわずかとなりました。風が冷たく肌寒い日々が続いておりますが、皆様体調を崩されたりしていませんか?

さて今回は、2015年11月23日(祝)に福岡の大名にある歯科医師会館で、WHO(World Health Organization)主催の禁煙指導訓練講習会があり、当法人理事長である案西先生と当院院長である島先生、他スタッフ4名で参加してきましたので、その様子をご報告します。
始めに、私も学生の頃に講義を受けていました福岡歯科大学の口腔保健学講座口腔保健科学分野教授である埴岡隆先生による歓迎のごあいさつから始まり、以下概要です。

午前
・喫煙と口腔衛生について(埴岡教授)
・簡易タバコ介入の概要:目的、公衆へのインパクト、実地のモデルなど(Dr Dongbo Fu)
・禁煙導入のプロセス(Dr Dongbo Fu)
午後
・動機づけの低い方への対応(Dr Dongbo Fu)
・患者さんへのフォローアップ方法(Dr Dongbo Fu)
・薬物療法の導入(埴岡教授)

講義の合間には、歯科医師役と患者役に分かれて教わった事を実際に行ってみるロールプレイという時間があり、私は禁煙の準備ができていない患者さんに動機づけ介入をする歯科医師役を演じる事に・・・とても緊張感あふれる時間となりました。
実際にやってみると、どう接すれば患者さんの気持ちを無理なく動かし禁煙へと導いていけるのかといった、患者さんとの距離感や対応の仕方などの難しい点が明確になりとても勉強になりました。
埴岡教授とDr Dongbo Fuのお話はとてもユニークで、午前10時から夕方17時30分の講習会ではありましたが、あっとゆう間に時間がすぎ有意義な講習会でした。
今後は、禁煙を考えている方、禁煙の準備はできていないが興味をお持ちの方がいれば、少しでもその方の手助けができるように、歯科衛生士として出来る範囲のアドバイスを実践していきたいと思います。