赤坂デンタルオフィスからのお知らせ

お口の乾き気になりませんか? 平山 亜佳莉

UPDATE : 2015/3/7


暦の上では春とはいえ、まだまだお寒いですね。いかがお過ごしですか。
今回は、口腔乾燥症についてご説明します。

*口腔乾燥症とは??
唾液の出る量が減少して、お口の中が乾いた状態になる症状。

*原因
・加齢 
・薬の副作用(口が乾く副作用をもつ薬)
・ストレス
・飲酒・喫煙
・病気(唾液腺の)
・生活習慣(口呼吸、柔らかいものばかり食べる)

*症状
・喋りにくい
・食べ物がうまく噛めない、飲み込めない
・総義歯が外れやすい
・味がよくわからない
・虫歯が増えた

*予防
・口の中を清潔に保つ
・水分をとる
・飴、ガムを食べる(キシリトールで甘味がついたもの)
・口の中を湿潤させる
・寝る前はマスクをつける

☆唾液が減ると・・・・
虫歯歯周病が発生しやすい環境になります。
そこで、ご自宅で簡単にできる唾液の分泌を促進する唾液腺マッサージをご紹介します。
力を入れずに軽く指で圧迫するように行いましょう。

<唾液腺マッサージ>

1 耳下腺マッサージ
手のひらを頬にあて、後ろから前に回すように揉みます。
2 顎下腺マッサージ
親指で、顎の柔らかい部分を耳の下から顎の下まで揉みます。
3 舌下腺マッサージ
親指で顎の下から、舌の下を押し上げるように揉みます。


お口の乾きが気になる方は1日3回を目安に、ぜひ行ってみてください。
それからお口の状況にもよりますが、2〜6カ月に1回は歯科を受診して、予防処置やメンテナンスを受けてみましょう。