赤坂デンタルオフィスからのお知らせ

豚の下顎部を使用した歯周治療実習を行いました。

UPDATE : 2013/11/24

2013年11月9日(土曜)19:00から株式会社ヨシダ九州支店を会場に、豚の下顎部を使用した歯周治療の実習を行いました。
当院歯科医師,歯科衛生士,アシスタント,実習生など52が各診療所から集合しました。

実習前に、大ホールにて講義があり、まず、1年振りに当院に復帰した西明先生から、歯周病の成り立ち,検査と診断方法,それに応じた治療方法について解説がありました。
引き続き、理事長からインプラント周囲炎の予防について、診療室でのチームアプローチ法を教わりました。

その後実習室に移動し、宮本先生らが準備してくれた豚下顎を前にいざスタート。
プログラムは歯周治療について@SRPA切開B縫合CFlap-Operationの4部構成になっていて、各部とも理事長から5分の説明後25分の実習という形式で行われました。
いずれも、なるべく組織に無駄なダメージを与えないように注意を払い、それぞれの立場から治療方法,介助方法,円滑なチームプレーを積極的に学びました。

あっという間の2時間半皆さんお疲れ様でした。

豚の下顎部を使用した歯周治療実習