赤坂デンタルオフィスからのお知らせ

ホワイトニングコーディネーター講習会を受けて 佐藤 由香里

UPDATE : 2013/7/25


2013 年 6 月 9 日
ホワイトニングコーディネーター講習会・認定試験を受け、ホワイトニングのメカニズム や、それにおける私たち歯科衛生士の役割について学んできました。

歯のホワイトニングとは、歯を全く削除することなく化学的に歯の色を変化させる方法で す。塩素系ではなく、過酸化物による漂白であり、ペリクル(歯の保護膜)を除去しエナ メル質およびその内部まで浸透して有色物質を分解することで白くするものです。 その過酸化物も、食品添加物にも使用されるほどの濃度で、特定の疾患(無カタラーゼ症) をお持ちでなければ体内で分解されます。 また、歯の表面はわずかに荒れることがありますが、酸性飲料による影響よりも軽微で、 唾液による再石灰化作用で回復しますし、歯のホワイトニングは安全であると言えます。

オフィスホワイトニング
歯科医院で行う。短時間で効果が得られます。
ホームホワイトニング
歯科医院でトレーを作製し、患者さまがご自宅で行います。低濃度で、漂白時間が長い ため、より深部まで漂白でき、後戻りも少なく自然な白さを得ることができます。

患者さまの歯の色調や環境に応じて選択しますが、場合によっては2つを組み合わせるデュアルホワイトニングを行います。

禁忌症
・金属による変色のある歯、虫歯のある歯、知覚過敏のある歯
・喫煙者、歯軋りや食いしばりをされる方 など...

ホワイトニング期間中に控えるべき食品
・コーヒー、茶(ウーロン茶、紅茶、緑茶)、赤ワイン、たばこなど色の濃い食品
・柑橘系飲食物や炭酸飲料物などの酸性食品
上にあげたように禁忌症も存在するため、最初にしっかり歯科医院で診断をしなければい けません。また、控えていただく食品があること、一時的に知覚過敏の症状がでる場合が あること、定期的なメンテナンスの必要性など、患者さまのご理解とご協力が不可欠です。 そのため、私たちスタッフが正しい知識を身につけて、開始前に患者さまにしっかり説明 し、納得していただく(インフォームドコンセント)を十分に行うことが大切だというこ とを、この日改めて感じました。