赤坂デンタルオフィスからのお知らせ

歯ぎしりによってでる悪影響とその対処法について 中尾亜美

UPDATE : 2019/11/18


みなさんこんにちは。
朝夕の寒気が身にしみる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

突然ですが、みなさんは朝起きた時に家族や友人から「歯ぎしりをしていた」と指摘を受けたことはありますか?
また、家族や友人で歯ぎしりをしている人はいませんか?
歯ぎしりは、子供から大人まであらゆる年齢の人に起こる症状ですが、実は放置しておくと、思いがけない悪影響を及ぼす可能性があります。

そこで、今回は、歯ぎしりによってでる悪影響と対処法についてお話しさせて頂きます。

歯ぎしりとは、歯を無意識に強くこすり合わせることをいいます。
原因としては、日常生活におけるストレスを解消するための生理現象と考えられています。
つまり、自分で気付いて止めるということができないため改善がとても難しい症状です。
また、この時歯に加わる力は食事の時など意識的な場合と比べて約6倍と言われています。

そして、この歯に加わる力が時として、様々な悪影響を及ぼすことがあります。
具体的に下記のような症状が挙げられます。

○歯がすり減る
○歯がしみる
○歯や詰め物が欠ける、割れる
○顎の関節が痛む
○顎の周りの筋肉が痛む
○歯周病が悪化する
○頭痛や肩こり
○眠りが浅くなる

このような症状の対処法の一つとして、ナイトガードというものがあります。

ナイトガードは、患者さんの歯型を取り、製作します。
これを就寝中に装着することで、無意識に歯や顎に加わる力を緩和する事ができます。
さらに、歯の代わりにナイトガードがすり減ってくれるので、歯のすり減りも防止することができます。

また別の対処法としては、ストレスを溜めないように就寝前にリラックスした時間を作ったり、顎や頬を軽くマッサージして筋肉を揉みほぐすことも有効です。

歯のすり減りが気になったり、顎の筋肉が痛むなど、心当たりのある方はお気軽にご相談ください。